カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

店長日記

我が家の愛犬のお気に入り♪

みなさんこんにちは。店長の木村です。

寒くなってきたなぁと思っていたら、今日仙台は気温が28℃もあるようで、とても暑いです。

みなさんも急な温度変化で体調を崩さないよう気を付けてくださいね。

今日は我が家の愛犬の紹介をさせて頂きたいと思います。

我が家には愛犬が4頭いるのですが、今日はそのうちの2匹をご紹介させて頂きます。

この子は長男のミック。とっても臆病で人見知り。でも実は淋しがり屋で、甘えん坊なんですよ。

この子は二男のミュウ。マイペースな癒し系です。でもおやつに目がなく、袋を開ける音が聞こえると、よだれを垂らしながら待っているので、ちょっとびっくりします(笑)

そんな我が家の愛犬の一番の好物はこれ!

このショッピングサイトでも販売させていただいている商品の1つ、ササミ無添加ガム

好き嫌いの多い我が家のミックも、これは大好きなようで喜んで食べています。これを食べない時は体調がよくない時なので、我が家では、愛犬の体調を確認することも出来る必須アイテムとなっています。

しかもガムなので、歯磨き効果も期待でき、食べるのに時間がかかるので、夢中になって食べている間にこっそりと外出出来ちゃったりもします。

また、1枚1枚手作りなんです、このガム。合成保存料・発色剤・酸化防止剤・着色料も一切使用していないので、安全性を心配される飼い主さんにもおすすめのおやつです。

みなさんもぜひ1度お試し下さい♪ 

店長日記

当店の人気商品【除菌もできる消臭スプレーバイオチャレンジ】のよくある質問をまとめました。この他にもご意見・お問い合わせなどございましたら、 お気軽にご連絡くださいますよう、よろしくお願いいたします。

バイオチャレンジの毒性は極めて低く、ぺっトが少し舐めたとしても何ら問題はありません。授乳期の幼犬の場合は免疫が未完成のため下痢を起こす場合がありますのでご注意ください。

バイオチャレンジの毒性は極めて安全です。むしろ、 散歩帰りの足などこまめな噴霧をお勧めいたします。ただし、バイオチャレンジには漂白作用があるため、大量に浴びますと体毛が若干変色する場合がございます。 

食塩や砂糖と同等の毒性ですから、肌荒れなどにいたることはありませんのでご安心してお使いいただけます。水で洗い流していただければバイオチャレンジは除去されます。

バイオチャレンジの主成分は安定化二酸化塩素です。塩素がアレルゲンでなければ大丈夫ですが、異常を感じたら使用を中止してください。

バイオチャレンジは有機物と反応します。有機物が含まれる水は避けて、水道水や精製水をご使用ください。

残ってしまった希釈液は、しっかりと栓をして直射日光の当らない場所に保管してください。そして早めに使い切るよう心がけてください。

緊急処方として原液のままのご使用も可能です。ただし塩素がやや高くなりますので換気は充分に行ってください。

保管状況にもよりますが、しっかりと栓をして直射日光があたらない場所に保管していただければ、約12ヶ月間は保存可能です。500mlスプレータイプも同様です。

基本的には問題ありません。ワックス加工している場合は、噴霧後約30分ほどで軽くモップがけされると良いでしょう。

スプレーの後はすぐに拭き取らず、自然乾燥させてください。バイオチャレンジは空気中の壁・床などの小さな水滴の中に滞留し、継続的に分子を放出し続けます。すぐに拭き取ってしまいますと存続できなくなり効果がなくなってしまいます。

ページトップへ